大東市「住道」駅徒歩3分にある歯科医院です。一般歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科、予防歯科などの診療を行っております。

sakamoto dental clinic
診療案内
一般歯科
小児歯科
矯正歯科
審美歯科
口腔外科
予防歯科
インプラント
ホワイトニング
歯周病治療
咬合修復治療
診療時間
審美歯科とはなんでしょう? 歯の見た目を気にされている方は様々な悩みを抱えられています。代表的な物をよく言われる順に以下に並べます。
・笑った時に銀歯が見える
・歯並びが気になる(歯の大きさが不揃い)
・前歯の着色や変色が気になる(歯を白くしたい)
・笑うと歯茎が見えすぎる(ガミーフェイス)
・笑うと歯茎が黒く見える
・昔入れた被せ物の歯茎との境目が黒い
・前歯のすきっ歯をなくしたい
・歯茎が痩せてきた(歯肉ラインが上がって根が見える)
などですが、最新の技術では、全ての要望にお答えすることが可能です。また、審美に関するお悩みをお持ちの患者様は、
色々な歯医者で『そこまでする必要はない』とか『それは出来ない』と断られた場合が多く、
悩みを打ち明けづらいとお考えの場合も多い様です。
クラウンとは英語で「冠」の意味。審美歯科では、一般に人工歯を指す言葉として使っています。技術的には古くからあるものですが、セラミックスなどの素材の開発により、審美的にも強度的にもきわめて効果の高い治療法として活用されています。
クラウン法は、審美歯科の治療法のなかで、もっとも応用範囲が広いものといえます。変色した歯の改善はもちろんのこと、歯のねじれや欠損、重度の虫歯などにも応用できるほか、歯と歯のすき間の治療、複数歯がからむ歯並びの修正や不正咬合まで、 ほとんどの審美的治療に利用できる汎用性をもっています。
●メタルボンドクラウン
メタルボンドとは、内面は金属、表面はセラミックスでできたかぶせ物のことをいいます。
セラミックスは変色せず、審美性に優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという弱点があります。一方で、金属は強度がある反面、審美性に劣るという欠点があります。
メタルボンドは、セラミックスのよい面と金属のよい面をもち合わせた、見た目に美しく、丈夫なかぶせ物です。審美歯科治療では最も多く使用されています。
●オールセラミックスクラウン
歯の表面を削り、そこにセラミック(陶材)のみで製作したクラウン(冠)を合着させて歯の色、形、歯並びなどの審美的要素をトータルに修復、改善する方法です。
セラミックの美しくすばらしい材質の特性を充分に生かし、本来の天然歯と同じか、それ以上の色調、形態を再現し、審美的効果が高い治療法です。
従来型の金属にポーセレンを溶着させる治療法と違う点の第一は、金属を全く使用しないので、金属に遮蔽されることなく、光の透過が天然の歯とほとんど変わらないという点にあります。このため、透明感のある自然な歯が再現できるのです。
第二に、金属を使用しないので、従来型のように歯肉の金属イオンが放出され、それが刺激となってメラニン細胞が増え、歯肉が黒染してしまうということがありません。このオールセラミッククラウンは歯肉にとって有害な作用がなく、やさしい材料による修復といえます。

セラミックインレーとは、通常金属で埋めるところをセラミックでできた詰め物で接着して治療する方法です。口の中が銀歯だらけというのはできれば避けたいものです。
そんな時ちょっとした虫歯の場合は虫歯の箇所を削って銀歯を埋め込むわけですが、それがセラミックに変わるだけで見た目の印象も変わってくるのです。特にニコっと笑ったときに銀歯が見える場合はこのセラミックインレーをおすすめします。
セラミックインレーのメリットとデメリット…
セラミックインレーのメリットとデメリットについて説明していきます。セラミックインレーのメリットとは、見た目の違和感がなく変色などの心配もほとんどないことです。さらに汚れがつきにくいことも特徴としてあげられます。
また金属アレルギーを心配されている方にも快適に使用していただけます。デメリットとは、破損しやすく銀歯の詰め物と比べると歯を削る量が多くなってしまいます。保険適応外なので値段が高くなってしまいます。

ラミネートベニアとは、爪くらいの厚さくらいのもので薄いセラミックで作られた素材です。葉の表面を少し削ってその部分に貼る治療法のことをいいます。前歯のちょっとした隙間を埋めるのにとても効果的といえるでしょう。
表面は0.5ミリほど削ってその表面に強力な接着剤をつけて固定します。歯の表のみの治療となります。治療時間も2時間程度と手軽でその割にはケアすれば10年でももちます。

サカモト歯科医院